缶バッチ

お手軽オシャレアイテムの定番「缶バッチ」!制作で役立つ知識

缶バッチを作るならお店にオーダー

缶バッチのイラスト

自分でデザインした缶バッチが欲しい、キレイな缶バッチが作りたい。そんなときは、オーダーメイドがオススメです。缶バッチ制作専門のショップなら、仕上がりのキレイな缶バッチが制作できますよ。素人が作ろうとすると、側面にシワが寄って気になります。異物が入ってしまったり、手間を考えたらショップに依頼しませんか?低価格で高品質の缶バッチは個人だけでなく、企業からの注文も多いです。記念品やグッズとして利用されています。ショップごとにこだわりがあるので、どこが良いか、まず色んなショップを見てください。
缶バッチ制作で気になるのは、色の仕上がりや側面部分のシワです。できれば裏もキレイに仕上げでほしい。こういった悩みにきちんと対応してくれます。高温多湿の日本、サビが気になりますね。ショップでは防錆処理を施してくれます。デザインするときは側面を意識してデザインを考えるとよいです。特に文字の場合、注意しないと側面にかかってしまったなんて事になります。できれば円の中心よりに寄せるとキレイに収まります。難しい時はデザインをショップにお願いしても大丈夫です。イラストや写真ももちろんOKです。印刷の美しい光沢のある缶バッチが出来上がります。出荷前に一個ずつ検品し、包装してくれます。サイズや種類も店により様々、気に入ったショップさんを見つけてください。

缶バッチ製作時に気を付けること

缶バッチは昔からある個性を出すアイテムです。鞄につけたり帽子につけたりなど使い方は人それぞれです。そんな缶バッチの制作するときには気を付けないといけないこともあります。
缶バッチを制作する際にはまきしろに気を付けていないといけません。このまきしろとは缶バッチの側面の曲面になっているところのことを言います。まきしろがあることを前提として制作しないと完成したときに缶バッチのバランスが悪くなってしまいます。例えば画像を選んで缶バッチ一面をそれにしたいと考えていてもまきしろの部分に画像がいってしまうと缶バッチ制作の依頼をして完成したときに画像はきちんと貼れているけど、すごく見にくくなっているなと感じてしまいます。なのでまきしろを意識して少し缶バッチの大きさより少し小さめで作ってもらうときれいな缶バッチになります。画像を選ぶ際も色々なものを詰め込んだ画像ではなく、キャラクターならそのキャラクター一人のもの、シンボルならシンプルなものを選ぶとよりよい缶バッチを制作することができると思います。
オリジナルの缶バッチを制作することは思っているより簡単で誰でもできますが、しっかりとしたものを作りたいのであればバッチ専門業者に依頼してみるのがオススメです。

缶バッチのサイズを決める

缶バッチ制作は近頃結構人気になってきています。缶バッチは手軽に個性を出すことができますし、おしゃれにも活躍してくれます。そんな缶バッチを制作するときには色々と気を付けることはありますが、そのなかでもサイズ選びは考えることが重要なことです。
サイズなんてどんなものでもいいだろうと考えがちですが、このサイズで色々と決まってきます。まず製作時に選べる画像が増えます。小さいサイズだとあまり凝った画像などは利用できませんが、大きいサイズだと細かいところまできちんと反映できるので、選べる画像が多くなります。
ですがただ大きいサイズを選ぶのもいいとは限りません。小さいサイズだとたくさんの種類のものを作ることができますし、たくさんの缶バッチをリュックや帽子につけることができます。大きいものなどサイズ的に数も決まってきます。それに大きいものは良くも悪くも目立ってしまいますので、物によっては他人に受けいられない可能性があるということです。小さいものならほとんど目立たないので、使いやすいという利点があります。
これから缶バッチを制作しようと思ってサイズを悩んでいる方は自分の目的に合わせて決めないと後悔してしまうので、しっかりと考えてみてください。

Copyright © 2017 お手軽オシャレアイテムの定番「缶バッチ」!制作で役立つ知識 All Rights Reserved.